カラフルなファイル

オリジナルクリアファイルは中の紙を保護してくれる

デスク風景

オリジナルクリアファイルに書類などの紙を入れておけば、余計なダメージを防ぐことができます。これは、「なるべくきれいな状態を維持したい」「長持ちさせたい」という目的があるとき、大きなメリットになります。
書類やパンフレットをもらったときは、ぐちゃぐちゃにしたりせず、なるべくきれいな状態で持ち帰り、そのまま保管したくなることもあります。大切な書類などは、特にダメージの回避が重要になってきます。そうなると、紙を裸のまま手渡しされるより、きちんとクリアファイルに入れてもらった方が助かるのです。
紙だけをペラペラと持ち歩く方法は、めくれたり折れたりする可能性が高いため、ダメージを防ぐには不適切です。何か液体がはねるようなトラブルが起きたときは、もろに濡れてしまうことも考えられます。しかし、オリジナルクリアファイルで守られているなら、そうしたダメージを防ぐことができます。
そのため、紙の手渡しで相手に丁寧な印象を与えたいなら、専門業者に依頼して、オリジナルクリアファイルをしっかり用意しておきましょう。きれいに持ち帰ることを考えている人には、かなり好印象になります。特別なこだわりがない人でも、「きちんと相手のことを考えている」ということが伝われば、印象はよくなります。

TOP